FXの業者


FXの業者についてしっかり考えていますか?


フォーランドフォレックス
FXオンラインジャパン
クリック証券
サイバーエージェント
外為オンライン
FXトレーディングシステムズ
マネーパートナーズ
インヴァスト証券
JFX
FXプライム
FXキング
ジェット証券
FXトレードフィナンシャル
オリックス証券
MJ
マネックス
パンタレイ証券
三菱商事フューチャーズ
上田ハ−ロー
ひまわり証券
FXA証券
楽天証券
スター為替
ばんせい山丸証券
FXプライム
エイチエス証券
サザインベストメント
セントラル短資オンライントレード
ヒロセ通商株式会社
トレイダーズ証券
かざか証券
FX ZERO
FXクリエイト
ジョインベスト証券
アトランティック・ファイナンシャル・コーポレーション
松井証券
FXトレード・フィナンシャル
カブドットコム証券
外為どっとコム
ジャパンネット銀行
SBI証券
安藤証券
マネックス証券


何社知ってました?



FXはここでチェック → にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

FXで勝つためのポイント


FXで勝つためのポイントは以下の4点だそうです。
ネットでFXのブログを見ると、
大体のブログで言っています(笑)
これができたら勝てるに決まってます。


@複数の通貨ペアに分けてリスクを分散せよ!

A値動きが活発な通貨ペアで収益チャンスを広げろ!

B複数のFX会社を試せ!

Cシステムが強い会社を選べ!


簡単に言ってくれますが、
簡単にいきませんよね(笑)


FXは奥が深いです。
この4点について、
「そんなのわかってるよ!」
という声が聞こえてきましたが、
このまま続けます。
人間には聞こえなかったことにするという、
神から与えられた能力があるので(笑)

このような4点を言われても、
簡単にはできないし、
わかったからFXで負け知らずか、
と言えばそういうわけでもない。

あくまでこれは、
当たり前の話です。

ただ、
これらを常に頭に入れておく必要があります。
人間は感情に流されるし、
ギャンブル的な思考もあります。

特に、
一攫千金
大どんでん返し
一発逆転

みたいな言葉には弱いですから。
当たり前のことですが、
覚えておきたいですよね!

紙に書いて壁に貼ったり、
パソコンを立ち上げるとデスクトップに出てきたり、
方法は自由。



複数の通貨ペアって、
どの通貨ペアにすればいいんだよ?

値動きが活発な通貨にかけちゃだめ?

複数のFX業者ってどこ?

システムに強いFX会社ってどういうこと??

疑問はいっぱいあると思いますが、

一歩一歩です。

千里の道も一歩から。

しかし、

すべての道はローマに続いているのです!



FXはここでチェック → にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

チャンス?


百年に一度の金融危機を、
チャンスに変える方法は、
ある

FXはここでチェック → にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

FXはおもしろい


いままさに、
この瞬間にも、
相場は動いている。

世界が相手だと、
相場は、
24時間眠らない。

こっちが起きれば、
あっちが眠り、
あっちが起きれば、
こっちが眠る。

おもしろいですね。


FXはここでチェック → にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

喉元過ぎても


喉元過ぎても、
熱さを忘れるな

失敗をする。
そのときは反省する。
しかし、
すぐ忘れ、
また失敗する。

敗戦の記憶を、
刻みつけることはできるか?

戦訓を、
フィードバックできるか?
FXだろうと、
なんだろうと、
戦訓をフィードバックできるからにかかっている。

次こそは!と誓う。
漠然と。

それでは進歩がない。

傷口から目をそらさない。

別に自分が否定された訳ではないのだから。

FXもなんでも、
基本は同じ。

確かに、
FXにはFXの手法があるが、
FXだけ異なる真理がある訳ではない。

FXとて、
基本は同じ。

FXにおいても、
喉元過ぎても、
熱さを忘れるな!


FXはここでチェック → にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

FX成功の秘訣


勝っても負けても教訓を得ること。

負けた取引から学ぶことは容易だが、
勝った取引から学ぶことは、
容易ではない。

勝ちさえも糧にする、

それが、

成功の秘訣。

FXはここでチェック → にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

オバマ、27歳


オバマのシナリオライターは、
27歳。

世の中の27歳よ、
立ち上がれ!

言い訳してる場合じゃない。
泣き言言ってる場合じゃない。
さぼってる場合じゃない。

肩肘張るな?

張れよ!27歳!


世界経済はここでチェック → にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

FXの業者


FXの業者が、
何社あるか知っていますか?

上場企業から怪しい企業まで、
数え挙げたらキリがなさそうですね。。
FXで有名な業者なんて、
ほんの一部です。

そこが優良かどうかは、
わかりませんが。。

FXの業者選びは重要です。
手数料の安さだけに惹かれて、
FXの業者を決めたら、
痛い目をみますよ!!

FXの業者選びと、
株式の銘柄選びは、
慎重に!!


FXはここでチェック → にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

FXの攻略


最後に勝てば、
それでよい。

FXでは、
一勝で九敗分を取り戻すことは、
簡単だ。

FXで大切なのは、
その九敗を、
糧にできるか否か。

糧にできれば、
一勝でもよい。

大切なのは、
稼ぐこと?
それとも、
勝ち続けること?

FXを攻略するには、
小手先だけではだめだ。

FXの指南書どおりでもだめだ。

必要なのは、
哲学。

FXはここでチェック → にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

FXで生き残るには


FXで生き残るには、
一勝九敗でもよい。

ほとんどの投資家が損をするなか、
生き残る投資家の条件とは?

勝率は成功と関係がない。

FXで勝つには、
FXで生き残るには、

一回勝てればよい。

勝った額が問題だ。

円は資金の


円が資金の逃避先となっていますね。

金融機関が相対的に傷んでいないから、
とされていますがどうでしょうか?

かつて日本は、
バブル崩壊後の痛手を抱えたまま、
なかなか立ち直ることができなかった。

世界的に見れば金融景気の波に乗り遅れたが、
結果としては、
よかったのかもしれません。

それは、なぜか?

日々の生活で、
なぜを大事にしていますか?

FX難民


株式投資に愛想を尽かし、
FXに転じる個人投資家が多いようですね。

書店には、
FXの指南書がたくさんあって、
ネットには、
FXの情報が溢れ、
その通りやれば成功すると錯覚します。

世の中そんなに甘くない?
それとも、
甘い?

成功するためには、
ある程度の勉強料を払う必要があるんでしょうか?
まずは、
やってみることなんじゃないでしょうか。
はじめてみませんか?
一発逆転だけが人生じゃないですよ。

円相場、伸び悩み


円相場が伸び悩んでいる。
欧米の株式相場を見極めようとしているのか。

ドルに対しても、
ユーロに対しても強い円。

これは期待から来るものではなく、
消去法だ。

オバマ就任演説


米国は、
危機の真っ只中にあるが、
その危機を克服できる


米国は、
地球上で最も強い国家だ
今日から再生に向けて動き出さなければならない


米国は、
新時代の平和を構築していく


我々には、
米国、世界への義務がある

オバマの置かれている現状は、
非常に厳しい。

100年に一度の経済危機
イラク戦争
財政赤字

問題は山積みだが、
オバマなら、
きっとなんとかしてくれる。

そんな期待が大きい。

期待はしても、
他人任せには、
しませぬように。

自分が動かなければ、
世界は変えられないんです。

オバマの就任


世界経済が変わると、
世界情勢が変わり、

世界情勢が変わると、
貨幣相場も変わる。

オバマ氏の就任により、
世界経済はどう変わるか。

オバマ氏に対する期待は高い。
オバマ氏はどう応えるか?それ如何で、
株式相場も、
為替相場も変動する。

日本と違い、
政権の期間が4年間は保証される。

その間、
どれだけ世界経済にインパクトを与えられるか。

強いドルが帰ってくるのか、
それとも。。

FXと文化と歴史とオバマ氏


144ヵ国の駐日大使館があります。
144ヵ国の内、
港区に77ヵ国が集中しているのは驚きですが。
FXをただの投資として考えるのではなく、
取引通貨の国の文化とか、
歴史とか、
そういったものにも目を向けると、
また一味違った楽しみ方ができますね。

オバマ氏、
米大統領に就任です。

典型的な期待先行型の政権と言われていますが、
日本よりいいのでは?
日本にはスローガンはあっても、
具体的な施策がないですよね。
オバマ氏に変わり、
対日政策、
環境対策、
景気対策、
雇用対策、
いろいろ気になりますね。
これを機に、
changeしますか!

FXを巡る物語


くりっく365の名付け親は?

個人投資家は、
もともとあるシステムに乗って、
投資活動を行っている。

取引の仕組を作ったのは誰?

いま、
世界経済は仮想空間で、
瞬時につながる。

「いま」という瞬間に取引を成立させたくても、
システム都合で、
成立しないこともある。

ネットですべてがつながっていることは、
便利だけれど、
実は脆かったりする。

それについては、
また今度。

リスクと


ひまわり証券曰く

「リスクを恐れない投資家は、
いない。

リスクをチャンスに変えられる投資家は、
少ない。」

なるほど。
確かにそうですね。

リスクは、
放って置くと、
デンジャーになる。

大阪証券取引所の愛称募集


大阪証券取引所が、
5月に開設予定の、
FX市場の愛称を、
一般公募する。

募集期間は、
1月19日〜2月1日まで。

東京金融取引所も、
FX市場の、
クリック365を運営するなど、
FX市場の、
顧客獲得をめぐる競争は、
激化している。

大阪証券取引所は、
FX市場の愛称募集で、
投資家の関心を集めることができるだろうか?

公募した場合、
個人投資家が名付け親になることが多いんでしょうか?
投資家ではなく、
クリエイターが応募することが多いんですかね?

いずれにしても、
関心は集めますよね。

自分も応募します!

消費者心理の原則と例外


消費者心理と言うものは、
不思議なものだ。

消費者は、
不景気の時には消費を抑制しようとする。
それは、
自分の収入に変化がなくてもだ。

「世の中は不景気だ。
だけど、
オレの給料は減っていない。
だけど、
外食は控えよう。
贅沢は控えよう。」

経済学の世界では、
消費者は一度贅沢を知ったら、
それより下の生活へは、
戻れない。
そう、
ラチェット効果だ。

それなのに、
現実の消費者は、
周囲、
いや、
メディアの声に導かれるように、
消費を抑え、
そして、
デフレ経済に荷担する。

理論や学問だけでは、
分からないことが多すぎる。

というのは、
一般的な国民経済の話で、
当然、
例外はある。

そう、
私の妻のように(笑)

彼女の消費が、
世界経済を救う。
かもしれない。

そして、
その消費を支えているのが私だと言うことは、
世界経済を救うのは、
私かもしれない(笑)

頑張らねば。。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。