FXが人気の理由


FXは、少ない資金から始められるということで、
とても手軽な外貨投資という存在です。


また24時間取引可能で、小額から始められ、
ルールも株式投資よりシンプルです。


パソコン一台あれば、
どこでも取引可能なのも特徴です。


学生、主婦、サラリーマンと、
幅広い層が投資家として参加しています。

資産運用で大切なこと


資産運用における投資では、
「相対的」にお金を殖やすことが大事と言われています。


「相対的に」とはどういうことでしょうか?
「相対的に」というのは「何かに比べて増えていることが大事だ」ということです。


比べる何かは、物価上昇率だったり、
トピックスだったり、ニューヨーク株価指数だったり。。


どれと比べるかは、
その人の投資目的によって変わってくると言えるでしょう。


ちなみにその比較対照のことを、
ベンチマークと呼びます。


比較対照によっては、
損しても「勝利」ということもあります。


たとえば、
ベンチマークがTOPIXだった場合。


この5年間のTOPIXの騰落率はマイナス50%。
そして、あなたがTOPIXを上回る資産増を目指したと仮定します。


すると、5年間の投資リターンがマイナス50%を上回っていることが
「勝利」ということになります。


実際に世界株式に分散する投資信託を持っていて、
その5年間のリターンがマイナス30%であった場合


TOPIXをベンチマークをしている限りは、
それは勝利と呼べます。


世界株式という資産を選んだことによる勝利です。
TOPIXがベンチマークなのに海外株式を選んだ戦略の勝利と言えます。

FXと世界経済



FXで資産運用する利点は、
24時間投資できる、手数料が安いなどの利点だけではありません。

FXで資産運用することで、
世界経済が見えてきます。


FXで扱う外国為替は、
各国の政治や経済情勢を敏感に反映します。


アメリカの金利が上昇すれば、
ドルを保有して金利を得たいと考える人が増え、ドル高になる可能性が発生します。


日本の失業率が下がり景気が上昇傾向にあるという見方をすれば、
日本円への投資が増えて円高となる可能性が高まります。


為替に大きな値動きがあるときは、
政治的、経済的要因が関係する傾向があります。


為替相場の動きを読むということは、
各国情勢を分析し、今後、世界がどのような方向に進んでいくかを判断することにつながります。


FXを始めると、
今まで聞き流していたような経済ニュースなどにもおのずと関心が高まります。


資産運用に直結するので当然です。
そうすることで経済に関する知識や情報が自然と身についていくはずです。


FXにはそういった利点もあり、
世界経済を意識しながら資産運用ができる取引です。

FXと世界の外貨



FXであれば、
世界中の外貨を購入することができます。


世界で一番流通量が多いアメリカドル(米ドル)や、
ユーロなどの主要通貨はもちろんですが、


高金利通貨として個人投資家に人気のある
英国ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、


新興国通貨として注目を集める
南アフリカランド、トルコリラ、


その他にも、
香港ドル、シンガポールドル、カナダドル、スイスフラン、


はたまた、
中東通貨までも取引が可能です。


FXでは海外通貨の購入を通し、
世界中の国々、世界中の国々の通貨に投資が可能です。



FXが選ばれる理由とは。。
海外の高い金利が獲得できる?
外貨が安い手数料で手に入る?
投資金は信託保全により守られる?
世界中の通貨が購入できる?
小額からの取引が可能?
24時間取引できる?



FXには他の投資にはない魅力があるからこそ、
個人投資家が集まる。
その魅力とは?

FXの通貨


FXで扱う通貨について

米ドルは、
世界の通貨としてもっとも影響力を持つ国際通貨 (キー・カレンシー)

国際的な商取引の決済に多く使用されており、取引している方の人数も最 も多い。

いわば、基本の通貨。

確認


FXで自由な暮らしはできるか

FXのオンライン取引に関するリスク



FXのオンライン取引に関するリスク

FXのオンライン取引の場合、
注文の受付に人手を介しません。

そのため、売買注文の入力を誤った場合には、
意図した注文が成立しない、あるいは意図しない注文が成立する可能性があります。

また、通信機器、通信回線、システム機器等の故障・障害等により、
一時的または一定期間にわたり取引ができない可能性、あるいは注文が遅延する可能性があります。

オンライン取引は、電子認証に用いられるユーザーネーム・パスワード等の情報が、窃盗・盗難により洩れた場合、
その情報を第三者が悪用することで損失が発生する可能性があります。

FXにはオンラインでできるためチャンスが広がる反面、
こういったリスクも内包しています。

FXのマージンカットにおけるリスク



FXのマージンカットにおけるリスク

FXでは毎営業日ごとの証拠金維持率判定時刻において、
証拠金維持率に応じてある処理が行われます。

証拠金維持率が100%を下回った場合には、
発注済み未約定新規注文及び出金予約は全て取消処理をします。

出金予約がある場合には、
その出金予約を取消します。

振込人名義相違、クイック入金エラー、銀行休業日等により、
入金期限までに入金が当社で確認できない場合があります。

その場合には、事前通知なく、
FX業者の方法で、ポジションを反対売買により強制決済(マージンカット)されます。

入金期限日の終値と翌営業日の始値が乖離する場合やその他理由がある場合には、
大きく乖離して約定することがあり、その損失は預託した金額以上になる可能性があります。

発生した不足金額は、
FX業者へ速やかに入金する必要があります。

FXのロスカットにおけるリスク








FXのロスカットにおけるリスク

FXでは、
業者ごとにロスカットのルールが設けられています。

あるFX業者は証拠金維持率が50%を下回った段階で、
保有している全ての建玉を自動的に決済するロスカットルールを設けています。

相場の状況・前日の終値と当日の始値が乖離する場合・各メンテナンスの開始前と終了後の価格が乖離している場合・その他理由がある場合には、
大きく乖離して約定することがあります。

その損失は、
FX業者に預託した金額以上になる可能性があります。

発生した不足金額は、
FX業者へ速やかに入金する必要があります。

FXと欧州危機



欧州危機が引き続きメディアを賑わせている。
世界経済は依然として異常な不透明感に見舞われている。

欧州の混乱は、
現在進んでいるグローバルな再編の1つにすぎないのだろうか?

株価の乱高下や欧州国債の値崩れ
市場のボラティリティーは、許容できる水準をはるかに超えている。

企業、個人、機関投資家など、
さまざまな市場参加者が利用している財務リスクの管理ツールにも不信感が芽生えている。

現在や将来のリスクをヘッジ能力の低下により、
一部の市場参加者は、退場を命じられている。

今後、金融マーケットの再編は加速していく。
そして、欧州では国内金融システムの一部国有化を余儀なくされる国が出てくると思われる。

FXと資産運用の必要性



最近よく聞く「資産運用」
世界経済どころか、
日本経済だって先行き不透明。

自分とは無関係。
そんなわけないですよね?
老後は楽しく年金生活?本当に年金だけで大丈夫でしょうか?

低金利、物価上昇、少子高齢化、年金問題、医療負担増、、、
近年、日本は大きな社会問題に直面しています。
国の政策に任せているだけではだめなんです。、

高まる資産運用の必要性は、自分の身を守る手段として高まっています。
預貯金による利息は皆無に等しく、
物価の上昇は資産の目減りを意味します。

年金受給額も不透明ですよね。
公的年金を考慮しない場合なんて、、
老後に必要な資金は20年間で、なんと、約1億円前後。。
終身雇用の崩壊により退職金もあてにならない時代、
資産運用?自分と関係ないよ?
なんていう考えは、実はリスクだったりします。

海外では学校教育のなかで資産運用を取り入れている国も少なくありません。
日本はというと、お金の話をするのがどこか敬遠されがち。
まじめに働くことが正しく、お金のことを考えるのは間違っている。みたいな。

貯蓄から投資へと叫ばれるように、
これからは貯蓄と投資を使い分ける時代。
自分の身を守るのは、自分なんですね。

FXで初心者が成功する方法





FXの情報収集
FXに役立つ情報は、
無料でゲットしちゃいましょう。


FXを始める為の第一歩として、
「情報収集」が大切になります。
情報はいろいろなところから集めることができます。


FXに有益な情報はどこから集めるのか?
その情報をどういった場合に利用するのか?
為替レートを動かす要因は?


FXの初心者がこうした知識を独学で得るには、
相当な時間を費やすことになるでしょう。
大変ですよね。


また、
多くの情報を収集したとしても、
全てが自分にとって相性の良い内容であるとは限りませんよね。


FXに関して収集した情報の中から、
自分に相性の良い情報を提供する通信社や、テレビの経済番組、新聞など、
そういったものを見つけていくことが必要になります。


情報の相性は人それぞれです。
ある人にとってはわかりやすい情報でも、
別のある人にとっては必ずしもそうとは限りません。


学校の先生にたとえれば、
同じ科目を教える先生でも、人によっては、
「あの先生の授業は分かり易い」「あの先生の話を聞いていると眠くなる・・・」といった相性ってありますよね。


そして、
情報収集で大事なのが、
無料、そう、タダであること。


無料だからといってしょうもない情報というわけではありません。
無料でネット上に転がっている情報も、
とても濃いモノがあります。


世界の経済情勢や為替の流れなど、
大きな流れをつかむ程度であれば、
ニュース番組や通信社が提供する情報で十分事が足りるでしょう。


FX業者選びの注意点



第4チェックポイント

「還ってこない可能性は?」
「他人に運用を任せる=お金を貸してあげる」

これを理解したうえで、お金を貸します、運用を任せます。
お金を貸したら100%還ってくるとは限りません。

還ってこないリスクが存在することも、
お忘れなく。

アライド社の勧誘文句は「絶対に損はさせない」
オールイン社の勧誘文句は「月30%〜40%の配当を支払う」

驚きの宣伝文句ですよね。
知り合ったばかりの人に、お金を貸す。

「絶対に還す」
「月30%の利子を払う」

そういう言葉、
信用できますか? 

FXで初心者が失敗しない方法



第3チェックポイント
「誰に貸すの?」

よく知っている信頼できる相手にお金を貸すならまだしも、
知り合ったばかりのよくわからない人に大金を貸すなんてありえないですよね?

普通の考えの人であるならば、
そんなことしません。


どういうわけか、儲け話、美味しい話には引っかかっちゃいますよね。
なんででしょう?

自分の資金を投入するのに、
少なくとも素性は調べますよね。

心配ですから。
それと同じです。

どうしてもお金を貸したいと言うのなら、
相手をしっかり調べるべきです。

運用責任者の経歴や、
当局への登録の有無、

調べられるものは全て調べましょう!
失敗してからでは手遅れです。

FXで失敗しないために



第2チェックポイント 
「そんな大金を貸せますか?」

他人に運用を任せる場合、
その人やその会社に「お金を貸す」

そういう認識が大切です。
自分の大切なお金を貸す

そして、
そのお金を運用してもらう。

100万円とか1千万円とか、
そんな簡単に信用して貸して大丈夫でしょうか? 

そんな簡単にお金を貸せますか?
貸せませんよね?

FXで自分の資金を自分で運用する際、
何も考えずに投資しますか?

しませんよね?

投資で騙されないための簡単なチェックポイント



投資で騙されないための簡単なチェックポイント

FXの詐欺事件ありましたよね。
騙されないでくださいね!

第1チェックポイント
「運用するのは誰?」

FXも株も、
運用するのは自分です。

投資は自己責任で!よく聞きますよね。
FXでも株でも自分で責任のとれる範囲内で運用するのが原則です。

この原則を理解できている人は、
FXや投資の詐欺事件にひっかかりません。

ただし、

投資手法として、
世の中には自分で運用をせずに他人に任せる形式の投資信託などの金融商品もあります。

欧州危機とFX




欧州危機が引き続きメディアを賑わせている。
世界経済は依然として異常な不透明感に見舞われている。

欧州の混乱は、
現在進んでいるグローバルな再編の1つにすぎないのだろうか?

株価の乱高下や欧州国債の値崩れ
市場のボラティリティーは、許容できる水準をはるかに超えている。

企業、個人、機関投資家など、
さまざまな市場参加者が利用している財務リスクの管理ツールにも不信感が芽生えている。

現在や将来のリスクをヘッジ能力の低下により、
一部の市場参加者は、退場を命じられている。

今後、金融マーケットの再編は加速していく。
そして、欧州では国内金融システムの一部国有化を余儀なくされる国が出てくると思われる。

投資のポートフォリオ



厚生労働省が発表した8月の生活保護受給者数が
205万9871人(前月比9376人増)となった。

3月の東日本大震災で、
仕事を失った人たちからの生活保護に関する相談も受けているとのこと。

これは過去最高の生活保護受給者数だが、
今後は受給者がさらに増加する可能性があると言われている。

資産運用のポートフォリオを考えること。
収入の獲得口を増やすこと。

収入の獲得口がひとつしかないと、
何かあった場合に対応することができない。

リスクを分散することの必要性を、
今一度考える必要がある。

リスクとリターン



リブセンス(インターネットメディア運営)が7日、
東証マザーズ市場に新規株式上場。

代表取締役社長の村上太一氏(1986年10月27日生まれの25歳)が、
2006年に起業。

25歳での上場となっており、
国内において史上最年少上場として注目されている。

自分でビジネスを興すということは、
自分でリスクを負うということ。

その分、リターンも享受できる。
リスクとリターンの関係。

リスクをどれだけ管理できるか?
リスクをどれだけ分散できるか?

事業も投資も考え方は同じ。
まずはリスクを明らかに。

FXと成功する投資家



経済成長する時期には、
○○長者なる人物が必ず出てくると言われている。

しかも、
それなりの数が○○長者になるそうだ。

こうした現象について、
格差や拝金主義だなどと批判をする人が必ず出てくる。

しかし経済が停滞したままだったら、
弱者は永遠に弱者のままだと思いませんか?

現状を打破するには、
どこかのタイミングで強者になるしかない。

○○長者ということは、
マーケットから求められた結果。

批判するのは、
うらやましいからではないでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。