FXの投資スタンス


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXで利益を出すには、
大きく分けると2つの方法があります。
FXの情報サイトでもよく目にしますよね。


FXで利益を出す方法@
FXの売買差益で稼ぐ
FXの売買差益って聞いたことありませんか?


これは
安く買って高く売る(高く売って安く買う)という、
FXの為替差益から利益を出す方法です。


この方法は、
FXの際に、
為替レートの変動を利用して売買を行います。


1ドル=100円のときに円を売ってドルを買います。
この状態を、「ドルの買い持ち」と言い、
持ち高のことを「ポジション」と言います。


為替レートが1ドル=120円に上がったときに、
ドルを売って円を買い戻します。
そうすると、差額として20円が利益となります。


これが1つめの為替差益から利益を出す方法です。
当たり前の方法で偉そうに言うことではありませんが、
FXを始める前に是非覚えておいてください。


FXの取引スタイル


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


FXの取引スタイル


FXは株式投資のように営業時間の制限ありません。
マーケットが休みの時間を除き、24時間いつでも取引できます。


サラリーマンのように平日の日中は職に就いている方であれば、
仕事から帰宅後であっても、タイムリーな為替レートでFXの取引が可能です。


しかしながら、為替レートが24時間常に変化し続けるということは、
就寝中や仕事の時間中に、為替レートの思わぬ上下が起こりえるリスクを孕んでいます。


FXはメリットもデメリットもありますが、
実際、投資家はどういった時にトレードしているのでしょうか。


FXでは、
自分のペースにあわせて自由に取引をすることが可能です。


自ら取引を行うタイミングを決め、
自分流のスタイルを決めて取引を行う必要があると言えるでしょう。


一見厳しいようにも思えるかもしれませんが、
24時間いつでもできる取引ということは、


自分のライフスタイルに合わせてトレード時間が決められるので、
他の投資と比較しても非常に柔軟な投資商品であり、


投資家にとっては大きなメリットのいある取引と言えるでしょう。
そこには当然デメリットもありますが。。


FXのスタイルは、
大きく3種類に分類されます。

スワップ派
スワップ金利による金利差収益を狙っていく


デイトレ派
為替レートの変動を狙い、細かく売買を繰り返す


スイング派
好きなときに売買し、為替差益を狙う


FXの取引スタイルを決めれば、
儲けるために必要なことが見えてきます。

FXの初心者は、
まず自分の投資家スタイルを決める必要があります。


FXでは自分にあった取引方法や投資期間、資金を考えておかないと、
最終的にはマーケットからの撤退を命じられるからです。。


FX取引をスタートするに当たり、
儲けることが第一目的であるが、実際、儲からない方法や取引をする投資家が多いと言われています。


FXの儲からないパターンや思考方法を学ぶことで、
儲かるFXのトレード手法を作り上げていくことをおすすめします。。






FXとギャンブル


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


投資とギャンブルについて

ギャンブルか投資かを分けるのは、
スタンスです。

投資のスタンスで臨めば、
競馬も投資になり得、

ギャンブルのスタンスで臨めば
FXだろうと株だろうとギャンブルになり得ます。

FXでも株でもそうですが、
投資としてのスタンスをもつことが重要です。

@短期間での勝ち負けに一喜一憂しない
A生活に支障が出る金額を投資しない(注ぎ込まない)
B短期間での極端な金額の上げ下げを行わない(損をとりかえす!とか)

FXはあくまで資産運用。
資産運用は余資で行うもの。

余資でおこなう資産運用は長期間で行うもの。
短期間で何とかしようというのはそもそも間違いです。

FXの初心者と円高円安


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


円高円安が急速なときは、
FXの初心者は投資を控えるべきです。

円高円安が急速に動くときは、
証拠金に余裕がなくなることが多いといわれます。

このような時期は大抵ニューヨーク市場での為替トレードが群集心理からの見解を超え、
国家レベルになることが多いようです。

もしも急速な円高円安放置した場合は、
多額の損失を抱える危険性があるからです。

こんなときには、
偉人の言葉を胸に刻み、投資と向き合いましょう。

ジョージソロスのありがたいお言葉
投資に向かない奴とは、
損を取り戻そうとする奴と、
ローリスク・ハイリターンを考えている奴だ

バフェットのありがたいお言葉
私が何もしないで、金を右から左に動かして金儲けしていると考えているなら、
それは大違いだ。 毎日いや毎秒毎秒、背筋が凍るどころか、
明日全ての財産を全て失う悪夢にうなされているようなもんだよ。

FXと外貨預金の違い



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXと外貨預金の違い


FXは外貨預金に似ていますが、
レバレッジをきかせて、自己資金よりも大きな金額の外貨を取引出来るハイリスク・ハイリターンの投資です。


外貨預金ならば100万円の資金で100万円分の外貨しか買うことは出来ません。
FXでは手持ちの資金を直接外貨に両替するのではなく、


手持ちの資金を担保にして借金をして、レバレッジをかけて、
借金で調達した資金で外貨を取引するのです。


FXならば資金よりも大きな金額を借金して、
外貨取引をおこなうことができます。

例えば100万円の資金を担保、いわゆる証拠金にして、
10倍の1000万円、20倍の2000万円を借りてその資金を外貨購入に充てることが可能です。


例えば


資金100万円を証拠金にして20倍の2000万円を借金して1ドル=80円の時にドルを買う。


2000万円 ÷ 80円 = 25万ドル


を買うことが出来ます。


これに対して外貨預金ならば資金の100万円をそのままドル購入に充てるだけですから


100万円 ÷ 80円 = 12500ドル


しかドルを買うことが出来ません。


ドルが1円値上がりすれば、


FXなら、25万ドルを購入しているので、1ドル当たり1円の利益ですから25万円の利益、
外貨預金なら、12500円購入したら12500円の利益です。


逆にドルが1円値下がりしたら、


FXなら、25万円の損失、
外貨預金なら、12500円の損失です。


借金を組み合わせてレバレッジをきかせることで、
多くの外貨を取引することによって利益も損失も拡大するというリターンとリスクが存在します。

FXは初心者でも始められるか


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




FXは初心者でも始められるか?
FXは初心者でも始められます。


FXに限らず投資で儲けるということは、
相場に参加している他の投資家からお金を奪うという行為です。

FXは初心者が簡単に勝てるほど甘い投資ではありません。
簡単に小遣い稼ぎができると思っていたらあてが外れます。残念ながら。。


韓国で行われた実態調査では、
FX参加者の実に90%が損をしているという結果が出ています。


日本でも成功している投資家はごく一部で、
大半の人が損をしているのは同じです。


FXでは通常は利益、損失が常にリアルタイムで計算されます。
投資家が用意した証拠金の金額がゼロに近づくと強制的に取引が終了して損失確定となります。


そのため用意した資金よりも大きな損失が発生することはないような仕組みになっています。
この強制的な取引終了を強制ロスカットと言います。


強制ロスカットのシステムがあっても、
自己資金が全部吹き飛び、さらには借金をつくってしまう可能性はゼロではありません。


資金100万円でレバレッジ50倍掛けてドルを買います。
資金100万円ならば50倍の5000万円分のドルが買えます。


1ドル=100円だったとすれば、
50万ドルのドルが買えます。


投資家のドル売り、空売り投機家
FX業者のサーバーダウン


レバレッジを大きく掛けすぎたために、
ロスカットの発動が間に合わないスピードでの相場暴落


専業投資家でも5倍ぐらいのレバレッジが普通といいます。
メディアに踊らされて素人投資家がありえないレバレッジを掛けるのは間違っています。

FXとクロスレート


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



クロスレートとは


各通貨は基軸通貨である米ドルに対してのレートを決め、
その他の通貨に対しては他の通貨と米ドル間のレートと米ドルと当該通貨のレートを掛け合わせて計算します。


例えば、
ユーロ円ならドル円とユーロドルのレートを掛け合わせて算出するといったように。


同じ欧州通貨であるユーロ/ポンドでも、
ドルポンドとユーロドルを掛け合わせて算出します。


掛け算をするので「×」の記号を指してクロスと称し、
掛け合わせたレートを総称クロスレートと呼びます。


ちなみに、
各通貨の対ドルレートはドルストレートと呼びます。



クロス円とは


クロスレートによって算出される円を含むペア及びそのレートを「クロス円」と呼びます。
つまり円のドルストレート(ドル円)以外の円を含むペア全部のことを指します。


こんなのがクロス円
ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ランド円・・他

FXと円高円安


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



円高円安
毎日、ニュースや新聞で円高・円安情報が流れていますが、
これはなにを意味するのでしょうか?

外貨に対して円の価値が上がっている状態を「円高」といいます。
また、その反対を「円安」といいます。

それでは、「1ドル=120円」と「1ドル=100円」ではどちらが円高なのでしょうか。
たとえば、
1ドルのリンゴを買う場合、「1ドル=120円」の時は120円かかることとなります。
しかし、
「1ドル=100円」の時は100円で済みます。
よって、
「1ドル=100円」の方が円の価値が高い状態であるため、「円高」ということができます。

円高で買い、
円安で売る。

外国為替取引は円高で買って、
円安で売ることにより為替差益を得ることができます。
日々のニュースでは円高が悪いように言われることが多いですが、
特徴を知り、対策を立てることができます。

大切なのは本質をしること。
FXに限らず。

FXのレバレッジリスク


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


FX(外国為替証拠金取引)は、
レバレッジによりハイリスクが伴います。

FXでは、
実際の投資した資金に比べて大きな取引が可能なため、

大きな利益が期待できる反面、
相場が思惑に反した場合には損失も大きくなります。

相場の急変動等によっては、
預託金を超える損失が発生することもあるため注意が必要です。

リスクを抑えるためには、
まずはなるべく低いレバレッジにて取引することが重要と言えます。

FXではレバレッジをかけることで、
少ない証拠金で大きな取引が可能となり、その損失、利益額についても大きくなります。

レバレッジが高いほど資金効率は高まり、
為替変動による影響は大きくなります。

ハイリスクハイリターンの可能性を無視することはできません。
それが、FX。

FXのレバレッジ効果


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXのレバレッジとは


和訳だと「てこ」という意味ですが、
FX用語としてはどんな意味をもつのでしょうか?


レバレッジ取引は、
FXの醍醐味ともいえる取引です。


FXのレバレッジとは?


例えば1ドル=100円の時に、銀行で1万ドルを外貨預金する場合、100万円の資金が必要になります。
FXでは少額の資金でもレバレッジを掛けることで大きな取引が可能となります。


25倍のレバレッジを選択すれば、
4万円で100万円の取引も可能となります。


銀行の外貨預金と比較すると資金効率が最大約25倍となります。
これが「レバレッジ」です。


証拠金取引とは、証拠金と呼ばれる担保金として入れた金額に基づいて、
実際に担保として入れた金額の何倍もの売買が可能(レバレッジ効果)となるハイリスク・ハイリターンの取引を指します

FXで複数通貨取引をする


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




FXのスキャルやデイトレで複数の通貨ペアを同時に取引する理由


一度に、複数の通貨ペアを持ち、1ペアあたりの建て玉数も小分けして分散することは、
リスク管理として重要な方法です。


複数ペアを同時に扱うということは大変という考え方もありますが、
リスク管理を怠れば、全てを失うのがFXに限らず投資全てに言えることです。


FXでは複数といっても、
似たような動きをするためそれほど手間と感じることはないはずです。


また必ずといっていいほど、先導役を務めるものや、異変にいち早く反応する通貨がありますので、
変化に対応しやすいという利点もあります。

FXのスワップ金利


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXのスワップ金利という単語をよく耳にしますが、
これは一体なんでしょう?


FXのスワップ金利(ポイント)とは、
金利差収入のことをさします。


金利が高いほうの通貨を買っていればスワップ金利を受け取れますが、
金利が低いほうの通貨を買っていればスワップポイントを支払うことになります。


一般に、取引所やFX業者が表示しているスワップ金利は、
1万通貨当たりのもので、日々入金または出金されます。


スワップ金利が、豪ドル/円がユーロ/円の5倍になっている場合、
取引量が同じなら200円の5倍のスワップ金利を受け取れたということになります。


ただし、FXの収益を決めるのはスワップ金利と、為替の差損益の2つがあります。
金利よりも相場観(当該通貨が円に対して高くなるのか、安くなるのか予想すること)が重要となります。

FXとギャンブル


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


投資とギャンブルについて

ギャンブルか投資かを分けるのは、
スタンスです。

投資のスタンスで臨めば、
競馬も投資になり得、

ギャンブルのスタンスで臨めば
FXだろうと株だろうとギャンブルになり得ます。

FXでも株でもそうですが、
投資としてのスタンスをもつことが重要です。

@短期間での勝ち負けに一喜一憂しない
A生活に支障が出る金額を投資しない(注ぎ込まない)
B短期間での極端な金額の上げ下げを行わない(損をとりかえす!とか)

FXはあくまで資産運用。
資産運用は余資で行うもの。

余資でおこなう資産運用は長期間で行うもの。
短期間で何とかしようというのはそもそも間違いです。

FXのリスクとリターン


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




FXのリスク・リターン



FXでは買った外貨が値下がりしてしまうと、
リアルタイムでその損失が証拠金から差し引かれて計算されてしまいます。

例えば、

ドルが1円値下がりして25万円の損失が出た場合、
残りの証拠金は元の100万円から25万円を差し引いた75万円ということになってしまいます。

さらにドルが値下がりしてしまうと、
いずれかの段階で証拠金の残りがゼロになることがあります。

この計算例では、
ドルが4円値下がりしてしまうと証拠金の残りがゼロとなります。

証拠金がなければ、
もう借金を続けレバレッジをきかせることは出来ません。

証拠金の残りがゼロになる前に、強制的に手持ちのドルが売り払われて損失確定、取引終了。
これを強制ロスカットと言います。

FXは、借金を組み合わせたレバレッジをきかせた取引であるため、
買った外貨が値下がりしてしまうと証拠金不足で取引終了、損失確定になる可能性があるんです。

資金に対して大きな借金をしレバレッジ効果を上げれば、
利益が出た場合の利益は大きくなります。

これは、逆に損失も大きくなる可能性があることも示しており、
少しの値下がりだけで取引の継続が困難になって損失確定ということもあり得ます。

80円でドルを購入したから、
絶対にドルが80円以上に戻るまで待ち続けるということは仕組上で不可能となっています。

FXと外貨預金の違い



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXと外貨預金の違い


FXは外貨預金に似ていますが、
レバレッジをきかせて、自己資金よりも大きな金額の外貨を取引出来るハイリスク・ハイリターンの投資です。


外貨預金ならば100万円の資金で100万円分の外貨しか買うことは出来ません。
FXでは手持ちの資金を直接外貨に両替するのではなく、


手持ちの資金を担保にして借金をして、レバレッジをかけて、
借金で調達した資金で外貨を取引するのです。


FXならば資金よりも大きな金額を借金して、
外貨取引をおこなうことができます。

例えば100万円の資金を担保、いわゆる証拠金にして、
10倍の1000万円、20倍の2000万円を借りてその資金を外貨購入に充てることが可能です。


例えば


資金100万円を証拠金にして20倍の2000万円を借金して1ドル=80円の時にドルを買う。


2000万円 ÷ 80円 = 25万ドル


を買うことが出来ます。


これに対して外貨預金ならば資金の100万円をそのままドル購入に充てるだけですから


100万円 ÷ 80円 = 12500ドル


しかドルを買うことが出来ません。


ドルが1円値上がりすれば、


FXなら、25万ドルを購入しているので、1ドル当たり1円の利益ですから25万円の利益、
外貨預金なら、12500円購入したら12500円の利益です。


逆にドルが1円値下がりしたら、


FXなら、25万円の損失、
外貨預金なら、12500円の損失です。


借金を組み合わせてレバレッジをきかせることで、
多くの外貨を取引することによって利益も損失も拡大するというリターンとリスクが存在します。

FXとクロスレート


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



クロスレートとは


各通貨は基軸通貨である米ドルに対してのレートを決め、
その他の通貨に対しては他の通貨と米ドル間のレートと米ドルと当該通貨のレートを掛け合わせて計算します。


例えば、
ユーロ円ならドル円とユーロドルのレートを掛け合わせて算出するといったように。


同じ欧州通貨であるユーロ/ポンドでも、
ドルポンドとユーロドルを掛け合わせて算出します。


掛け算をするので「×」の記号を指してクロスと称し、
掛け合わせたレートを総称クロスレートと呼びます。


ちなみに、
各通貨の対ドルレートはドルストレートと呼びます。



クロス円とは


クロスレートによって算出される円を含むペア及びそのレートを「クロス円」と呼びます。
つまり円のドルストレート(ドル円)以外の円を含むペア全部のことを指します。


こんなのがクロス円
ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ランド円・・他

FXと円高円安


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



円高円安
毎日、ニュースや新聞で円高・円安情報が流れていますが、
これはなにを意味するのでしょうか?

外貨に対して円の価値が上がっている状態を「円高」といいます。
また、その反対を「円安」といいます。

それでは、「1ドル=120円」と「1ドル=100円」ではどちらが円高なのでしょうか。
たとえば、
1ドルのリンゴを買う場合、「1ドル=120円」の時は120円かかることとなります。
しかし、
「1ドル=100円」の時は100円で済みます。
よって、
「1ドル=100円」の方が円の価値が高い状態であるため、「円高」ということができます。

円高で買い、
円安で売る。

外国為替取引は円高で買って、
円安で売ることにより為替差益を得ることができます。
日々のニュースでは円高が悪いように言われることが多いですが、
特徴を知り、対策を立てることができます。

大切なのは本質をしること。
FXに限らず。

FXのスワップポイント


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


FXスワップポイントとは


FXは仕組みさえ分かれば、
取引するのが楽しくなる資産運用です。


スワップポイントを覚えれば、
初心者でも十分に成功することができます。


スワップポイントとは、
異なる2通貨の売買によって発生する、通貨間の金利差調整分のことをいいます。


低金利通貨を売って、高金利通貨を買った場合、
2通貨間における金利差(スワップポイント)を得ることができます。


スワップポイントは1日あたりに発生するため、
毎日貯まっていくという楽しみがあります。


逆に、高金利通貨を売って、低金利通貨を買った場合は、
スワップポイントの支払いが生じますので、この点には注意が必要です。


また、スワップポイントは各国の金利政策に合せて予告なく変更される場合があれば、
各国の金利差が逆転した場合、スワップポイントの受取りから支払いに転じることがあるのでご注意を!

FXのレバレッジリスク


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


FX(外国為替証拠金取引)は、
レバレッジによりハイリスクが伴います。

FXでは、
実際の投資した資金に比べて大きな取引が可能なため、

大きな利益が期待できる反面、
相場が思惑に反した場合には損失も大きくなります。

相場の急変動等によっては、
預託金を超える損失が発生することもあるため注意が必要です。

リスクを抑えるためには、
まずはなるべく低いレバレッジにて取引することが重要と言えます。

FXではレバレッジをかけることで、
少ない証拠金で大きな取引が可能となり、その損失、利益額についても大きくなります。

レバレッジが高いほど資金効率は高まり、
為替変動による影響は大きくなります。

ハイリスクハイリターンの可能性を無視することはできません。
それが、FX。

FXのレバレッジ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXのレバレッジとは


和訳だと「てこ」という意味ですが、
FX用語としてはどんな意味をもつのでしょうか?


レバレッジ取引は、
FXの醍醐味ともいえる取引です。


FXのレバレッジとは?


例えば1ドル=100円の時に、銀行で1万ドルを外貨預金する場合、100万円の資金が必要になります。
FXでは少額の資金でもレバレッジを掛けることで大きな取引が可能となります。


25倍のレバレッジを選択すれば、
4万円で100万円の取引も可能となります。


銀行の外貨預金と比較すると資金効率が最大約25倍となります。
これが「レバレッジ」です。


証拠金取引とは、証拠金と呼ばれる担保金として入れた金額に基づいて、
実際に担保として入れた金額の何倍もの売買が可能(レバレッジ効果)となるハイリスク・ハイリターンの取引を指します

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。